は日本東京で支社を設立

来源:发布时间:2014-12-02

統計によりますと、日本は世界主要的なエネルギー消耗国であり、エネルギーは極めて輸入に頼り、原子核の危機が爆発したあと、日本政府は太陽エネルギー等のグリーン・エネルギープロジェクトの発展をもっと重視した。現在日本太陽エネルギー商品の市場シェアは30%に及び、ドイツに次世界トップ2のソーラー市場になった。

Versolsolarは日本市場を開発した最初の太陽光発電用架台企業として、”品質において立派な上にも一层立派にしようとし、管理において謹厳高効率を求め、サービスにおいてより良くしようとする”という管理方針に従い、お客様へ良いサービスを提供することを核目標とし、日本市場から普遍の信頼と支持を受けった。今までに、Versolsolarは日本での総据付実績は100MWに達し、その中に大型グランド発電所プロジェクト(累計90MW)、屋根プロジェクト(10MWを超える)、追跡システムプロジェクト(1.5M)等を含めておる。次々来た注文書はお客様はVersolsolarへの最大の認可であり、それはVersolsolarは強大的な需要があった日本市場で立脚の元とも言える。日本市場のお客様により良いサービスを提供するために、そしてお客様のニーズをもっと直接に早く取られるために、Versolsolarは日本東京で支社を設立することを決め、日本市場に応じられるソーラーシステムへの解決方案を引き続き開発する。